ボクノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「真夜中の5分前」を読んだ

mayonakano-sideA.jpg

mayonakano-sideB.jpg
 本多孝好

実は初めてこの本を手に取ったのは
きっと去年の今頃だと思う。
何気に手に取ったこの本のタイトルにすごく惹かれ
当時ハードカバーだったこの本を買うかどうか
10分くらいその場で考えた。
結果は2冊あるということでその金額から
買うのをやめたわけだけど。

本多孝好作品を読むのはそれより少し後になる。
偶然買った「FINE DAYS」がはじめて読んだ作品なのだが
あの時迷った本の著者だとは思いもせずに読んでいた。
このときに好きになって、あらためてあの本も本多さんが・・
と知ることになる。
以前悩んだときはタイトルに惹かれただけで
著者が誰かなんて気にも留めてなかったわけだ。

ところがそれから1年以上と思われる年月を経て
この作品が文庫本になって並んでるのを見つけたときは
とても嬉くて即購入したわけだけど。

作品は本多さんらしい作品だ。
一見冷たそうでナイーヴな感じの主人公と
少しわかりにくいような冗談を
あっさりと、でもとても上手に返してくれる人や扉たち。
やっぱり本多さんの作品好きだな。
恋愛テーマでありながら、推理的要素を盛り込んだ
話の展開のおかげで、どんどん進む。
スポンサーサイト

"MOMENT"読んだ

31583345.jpg

    著 本多孝好

最近この人が好きで、本屋に行くたびにこの人の本を
探してる。

この本は出だしでいきなり
「死ぬ直前に何を考えると思う?」というところから
始まる。
自分なら何を考えるだろう?と考え始めたら
本が進まなくなってた。

4編からなるひとつの物語

やはりこの人の作風は好きだな。

  以降ネタバレで
【“"MOMENT"読んだ”の続きを読む】

「FINE DAYS」よんだ

「FINE DAYS」 著 本多孝好

------
久しぶりの読書感想文です。
画像を貼り付けようと思ったけど
やはりうまくアップロードできない
何かが悪いんだろうな

------

”FINE DAYS””イエスタデイズ”
”眠りのための暖かな場所”
”シェード”の4編からなる短編集
本多さんの小説はこれが始めてですが
めちゃ好感もちました。
今後も読みたい作家ですね

僕が好きな本の特徴は、会話のテンポがいいこと
と、ひねくれたジョークを主人公がいうこと
これがあると、ほぼ間違いなくその主人公が
好きになる。

僕として4編のなかでは、「FINE DAYS」の
主人公が好きだけど、話としては「イエスタデイズ」
が好き。

おすすめ度:8点

以降ネタばれあり
【“「FINE DAYS」よんだ”の続きを読む】

「東京タワー」よんだ

59404966.jpg

「東京タワー/リリー・フランキー」

いや~。泣きました。
最近本を読むようになって、僕が結構涙もろいことに
改めて気付いたんだけど、それに輪をかけて泣きました。
この本に出会えてよかったとここらから思う。
ますます本というものが好きになった。

オススメ度:10点

以降ネタバレ含みます 【“「東京タワー」よんだ”の続きを読む】

「陰日向に咲く」読んだ

34401102.jpg

 「陰日向に咲く/劇団ひとり」

思ったよりいい本です。
話の展開がいいですね。サプライズ的な感じが。
文章が幼稚な部分は否めないけど、
いい作品になってます。

オススメ度:8点(今回から10点満点です)

このあとネタバレ


【“「陰日向に咲く」読んだ”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。