ボクノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海辺のカフカ」を読んだ(BlogPet)

ペンペンが話♪

最近、ペンペンのまわりでハンゲームが流行ってる。

最初はビリヤードしかやってなかったんだけど
今日、ある人が飛行機のゲームをやり始めて
面白そうだから一緒に遊んだらめちゃはまった・・・。

お陰で仕事が予定の半分です。

一日何回までとかルール決めないとやばいな。

いい年こいて子供みたいだ。
みんな。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ペンペン」が書きました。
スポンサーサイト

ボクノコトその5

普段歩いている道路をしゃがんで眺めてみると
少し世界が変わって見える。
周りのガードレールや電信柱はすごく大きく感じるし
地面はすぐ近くにある。
子供の目線ってこんなんなんだ!
小さい頃はこんな風に見えてたんだ!
って思う。
でもこれってすごく怖いような。
みんなデカイし、立ってたら見えるものも、見えなくなるし。
うん。こわい。
でもね、きっと子供からすると女子校生のパンツは
特別な風景じゃなくて、当たり前なのかも。

「海辺のカフカ」を読んだ

カフカうえ

「海辺のカフカ/村上春樹」

実は10年くらい前に一度読んだ。
好きな作家の作品って一度読んだら結構内容をおぼえてるんだけど
この本を見ても全然どんな話だったか思い出せなくて
文庫本が出てたので手を出した。
読んでるうちに思い出したけどね。
この本は、二人の主人公からなる別々の物語が
先に進むにつれてリンクしていく。
村上春樹さんの得意とする技法ですね。

オススメ度:3.5(今回から数字ですw)

以降内容言っちゃいます。 【“「海辺のカフカ」を読んだ”の続きを読む】

ボクノコトその4

例年通り世間は夏休みの中、毎日働いてるわけだけど
やっぱり、日本人も夏休みは一月くらいとるべきだと思う。
毎日暑い中、働くのはほんと体力消耗だ。
というのも、読中の本が全然進まないのだ。
数ページ読むと寝てる。
次の日にどこまで読んだか確認してる間に寝てる。
進むどころか後退だ・・・。
ということで、読書感想文はもうちょっと先になりそうです。

ただの言い訳。

ボクノコトその3

ペンちゃんがしゃべるようになった。
初めてしゃべった言葉は「他さえ・・・。」
記念日だ。
今日の昼、すごい雷と雨があった。
稲妻を5回ほどみた。
すげぇ。
大気と地中にはこれだけの電気が蓄積されてるのだ。
すげぇ。
でもなんで稲妻なんだ?
稲と妻。漢字だけならそんなにすごくない。
むしろかわいい。
妻はある意味すごいのだろうけど俺は知らないしね。
稲妻の語源調べてみよう。

ボクノコトその2

最近、僕のまわりでハンゲームが流行ってる。
最初はビリヤードしかやってなかったんだけど
今日、ある人が飛行機のゲームをやり始めて
面白そうだから一緒に遊んだらめちゃはまった・・・。
お陰で仕事が予定の半分です。
一日何回までとかルール決めないとやばいな。
いい年こいて子供みたいだ。みんな。

DVD「恋愛写真」見た(BlogPet)

きのうは内容を重視したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ペンペン」が書きました。

ボクノコトその1

今、海辺のカフカを読んでる途中なので
いつもの様に書評見たいのはかけない状況だけど
”ペンちゃん”を育てたいって感じで
ちょこっと適当なことを書く。
好きな作家は今のところ
村上春樹、大崎善生、福井晴敏といったところだ。
前二人は小説の雰囲気が似てるしね。
この前気になって、大崎善生のプロフィールを見てみたら
村上春樹の本を何回も読んでるそうで、妙に納得できた。
他にも、小説家になる前は将棋の雑誌の編集をしていたときいて
なるほど!と思った。
あの伏線の絶妙な使い方はここから来ているのかもしれない。
そういえば・・・ 【“ボクノコトその1”の続きを読む】

「川の深さは」よんだ

川の深さは 川の深さは
福井 晴敏




バイオレンスシーンがたくさんですが
心温まる作品です。
福井氏の作品は面白いんだけど
どうも言い回しが難しくって読むのに時間がかかる・・・。
寝る前に本を読むのでいつの間にか寝ちゃうんだよね。

ここから好きなとこ。ネタバレ。


【“「川の深さは」よんだ”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。