ボクノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海辺のカフカ」を読んだ

カフカうえ

「海辺のカフカ/村上春樹」

実は10年くらい前に一度読んだ。
好きな作家の作品って一度読んだら結構内容をおぼえてるんだけど
この本を見ても全然どんな話だったか思い出せなくて
文庫本が出てたので手を出した。
読んでるうちに思い出したけどね。
この本は、二人の主人公からなる別々の物語が
先に進むにつれてリンクしていく。
村上春樹さんの得意とする技法ですね。

オススメ度:3.5(今回から数字ですw)

以降内容言っちゃいます。
物語の一つは田村カフカなる15歳の少年が
父の予言の呪縛から逃れるために旅にでるという話。
もう一つはナカタなる戦争のときに一切の記憶と
文字を記憶する能力を失った人間が何かからの啓示によって
旅をする話。
この二人が出会うことはないけど、時間をずらし同じ場所に行き着き
同じ人に会う。
これ以上のことを説明するとなるとなかなか難しい。
メタファーだから。
物語の中でいくつかの疑問が出てくるんだけど
それに対して明確な答えはないのだ。
答えはメタファーを読み取ることで各々がその回答を
自分の中で完結させるしかない。
難しく書いたけどこんな内容です。
この本のナカタさん&ホシノさんコンビがとっても好き。
難しいことを考える田村カフカと対照的でバランスがとれてる。
あと、カフカ君の受け答えも好き。
そういえば、大体小説をよむとでてくる主人公の恋人役というか
主人公が恋をする相手を、僕も本を読みながら好きになっちゃったりすることが多いんだけど、今回はなかったな。
スポンサーサイト

コメント

うむむ・・・

こんばんわん!
数字にしたのは・・・小数点ダナ!!
あははw

さな・・どうも村上◎樹がだめで、挑戦できなかった本だぁぁ。。。
想像してたのと、結構違う内容でびっくり。
よんでみようかなぁ??

  • 2006/08/18(金) 23:54:49 |
  • URL |
  • さなえ #-
  • [ 編集 ]

さなえさんへ

ん~~~。微妙かも・・・。
村上春樹好きの女の子は少ないと思うよ。
話が結局、はっきりしないって言うかそんな感じだから。
蝶々さんの本を読んだ男はどれだけいるんだろ?
てなかんじかな?
たまには新刊かってみようかな?
時代にのってるやつw

  • 2006/08/19(土) 22:07:37 |
  • URL |
  • わたる #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matu22.blog56.fc2.com/tb.php/10-3275984c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。