ボクノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京タワー」よんだ

59404966.jpg

「東京タワー/リリー・フランキー」

いや~。泣きました。
最近本を読むようになって、僕が結構涙もろいことに
改めて気付いたんだけど、それに輪をかけて泣きました。
この本に出会えてよかったとここらから思う。
ますます本というものが好きになった。

オススメ度:10点

以降ネタバレ含みます
話は、母親との絆を物心つく頃から母親が他界するまでを
書いたものだけど、ママンキーの生き方は母親の
鏡そのものだと思う。
自分の子供のために尽くす姿、別居の夫をわからないように
慕い続ける姿。この年になって、大切にするべき家族もいない
僕にとって彼女の生き方には正直頭が下がる。

主人公の青春時代。あふれる自由の中で自由をもてあまし、
本当の自由の価値を知っていくところもすごい共感できた。
いまの僕もプライベートでは自由をもてあましてる。
そんな気がして、主人公に感情移入してしまって
余計泣けちゃったのかもしれないな。

まだ両親が生きているうちにこの本に出合えてよかったと思う。
僕自身も月並みに親不幸な人間だけど
今から出来ることを出来るだけしてあげようと思う。
今度、何とか休暇をとって顔を見せに行こう。
スポンサーサイト

コメント

【☆;:+:;☆ぉひさ☆;:+:;☆ 】ョ(*ゝ∀・)ゞ
自分が年をとるょぅに
親も年をとってぃる。
ぃなくなってしまったら
親孝行ゎできなぃので
今のうちにやさしくしてぁげょぅ(*´ -`)(´- `*)Йё~

でも 自分の親ゎ死ぬゎけなぃとか
思っちゃってさ
っぃ 衝突してしまぃます(・Θ・;)

  • 2006/09/26(火) 08:14:53 |
  • URL |
  • ももかニャン☆ #waMXstDA
  • [ 編集 ]

ももかさんへ

コメントありがと!
最近むっちゃ忙しくって、本を読むどころか
ブログのチェックさえしてなかった・・・。
ぺんぺんちゃんががんばってくれてたようです_| ̄|○
でもこの本はももかさんにもオススメかも!
こういう風に親孝行できたらいいなぁ。
まぁ思うだけですけど。きっとw

  • 2006/10/03(火) 00:16:09 |
  • URL |
  • わたる #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matu22.blog56.fc2.com/tb.php/17-50d53529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。