ボクノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『孤独か、それに等しいもの』

【大崎善生】氏の5話からなる短編集。

今回は久しぶりなこともあってか
画像の貼り付けがスムースにいかない
(酔ってるせいも大いにある)ので、文章のみで。

この人の作品を読んでいつも感じることのひとつに
光の描写がすごくきれいに読ませるなぁってことがある。
繊細なタッチで表現されているような映像が
必ずと言っていいほど想像できてしまう。
これはすごい魅力なんだなと思う。
大崎さんの作品が好きな理由のひとつだ。

この時期、この状態でこの本を手に取ったことは
とても偶然だとは思えないくらい僕にとって
タイムリーな本でした。
いい本に出会うことは、本当に幸せなことの
ひとつだと思う。

今回はネタばれなしで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://matu22.blog56.fc2.com/tb.php/36-b879798d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。